7つの大学/専科学校の出願率が6割に達さず

台湾の各大学、専科学校の110年度出願率について、台湾教育部が12月28日に発表した報告によると7つの大学および専科学校の出願率が60%を割ったとのことだ。
その他、博士、修士、学士各コースで学生が集まらない状況となっているという。
記事では「少子化の影響」としている。

『7大專校院註冊率不到6成 20校危險』(2021-12-29聯合報)
https://udn.com/news/story/6928/5994911

 
 
 
このページの情報に関するお問い合わせは info@j-study.jpまでお寄せください。
(迷惑メール対策のため、@マークを全角で掲載しています。メール送信の際は、@マークを半角に変更してください)