印刷版刊行休止のお知らせ

『J’STUDY留日情報雑誌』は、おかげさまで今年(2021年)10月に第132号を刊行いたしました。しかし、インターネットの普及と情報収集ツールやその手段の変化に伴い、また現在世界中が直面している「COVID-19」の脅威により、一層のデジタル化が加速したこととも相まって、133号から紙媒体である印刷版の刊行を休止することを決定いたしました。印刷版刊行休止後は、デジタルコンテンツの提供に注力していく所存です。

『J’STUDY留日情報雑誌』は日本及び台湾双方の教育界からの強いご支持、そして読者のご期待と応援のもと、創刊から27年を数えました。本誌中に登場する日本留学経験者の数は、官民、業界を問わず累計で3,000人を超えています。1995年当時、台湾人の日本留学者数が年間1,790人であったのに対し、2019年には年間5,603人と3倍以上の成長率となっていますが、これには本誌も少なからず寄与しているものと自負しております。

弊社のデジタル化への取り組みにつきましては、1996年に『J’STUDY留日情報華文国際網(通称:スクールモール)』の運営を開始し、現在に至るまで中国語留学情報サイトの模範となっております。2013年には印刷版と並行して『J’STUDY電子版』(E-Book)の同時販売を開始しました。現在、国立図書館や各大学図書館など多数の定期購読を賜っており、今後さらに多くのサイトで本誌が閲覧できるようになる予定です。

また、このたび『留日情報電子網誌(留日情報デジタルマガジン)』を新たに開設し、印刷版より速く、より豊富で、よりインタラクティブなサービスを提供し、日本語や日本文化に興味を持つ方々、留学計画中、日本で就職を目指す方々に日本留学情報を広めてまいります。

『J’STUDY』は、日本留学市場の動向を長年観察し携わってまいりました。現在では、台湾における日本留学メディアとしてのブランドを確立しております。デジタル化により、過去のノウハウやコンテンツの最適化を図り、アフターコロナ時代においても台湾の日本留学市場をさらに向上させていく所存です。今後ともよろしくお願い申し上げます。

[沿革]
1994年:『J’STUDY留日情報雑誌』創刊
1996年:『J’STUDY留日情報華文国際網』立ち上げ
2013年:電子版『J’STUDY留日情報雑誌』同時販売開始
2015年:『J’STUDY留日情報雑誌』100号刊行
2022年:『J’STUDY留日情報雑誌』133号より完全デジタル化

 
 
 
このページの情報に関するお問い合わせは info@j-study.jpまでお寄せください。
(迷惑メール対策のため、@マークを全角で掲載しています。メール送信の際は、@マークを半角に変更してください)